スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ修羅場

今日は有明にある癌研病院に行ってきた。
先日受け取った検査結果一式と紹介状を片手にいざ国際展示場へ。

前に見た時にでかい病院だなぁと思ったけど、中に入る前に
入り口の自動ドアの前に、ホテルの送迎用係員?ホテルマン?
呼び名は知らんけど、そんな感じの制服を着た人が居た。

あれ?ここホテルか?

中に入るとあまりの広さと綺麗さに驚く。
これホテルかデパートだって!
受付は凄い沢山あるは、コンビニやレストレランなんかあるし
エスカレーターとか。受付から受け取った問診表を細かく書き待機。
ポケベルみたいなの渡されるんだけど、これに名前や文字が出て
音と振動で移動先なんかを教えてくれる。清算も全て機械で自動。
最新機器が揃ってるだけあって、近代的だなぁ…驚いた。

診察はね、大変だった。

まずは口の中を隅々まで検査。いやーん恥ずかしい。

「ちょっと口の中触りますねー」と言われ手袋をはめる先生。
触るどころじゃなく色々押されたり、のどちんこ近辺を
触られた時はおえ~ってなった。吐かなくて良かった。

その後両鼻の中にスプレー式の麻酔をぶっこまれて
光ファイバースコープ?突っ込まれて検査しながら写真を撮る。
したら鼻の奥にアデノイドってのが見つかった。
大人になると消える人が多いらしいけど、俺はしっかり大きく
確かにそこに存在していた。
かなり大きく気になるとのことで、一部を取って検査しましょう
ってことで、今度は鼻の中にひたひたに麻酔液を浸した
脱脂綿を2枚突っ込まれてしばらく放置。ふがふが。
鼻の穴や喉の奥も麻酔液垂れまくり。

で、ペンチみたいので「ぶちっ!」とムシリ取られた。
麻酔効いててもちょっと痛いとは聞いてたけど、痛かった(つД`)
色々質問攻めしたんだけど、とても親切丁寧に答えてくれて
凄く好感持てた。普通の病院とは違って、診察の回転率を
上げるために急かしたりしないし。あ~いう医療って理想だな。
現実には難しいんだろうけど。

来週の水曜に、アデノイドの検査結果を教えてもらって
超音波検査をし、問題なければガンの心配は無さそう。

今年はほんと厄年な気配。もう疲れた。


で、現在M3で発表する新作CDを製作中。早いものでもう5枚目だ。
プレスの予定を考えると、期限が4月15日。
10曲収録予定なんだけど、完成したのはまだ1曲…
冗談抜きで焦ってる(´ヘ`;)


さー作業作業(´・ω・`)
スポンサーサイト
プロフィール

hitoshi

Author:hitoshi
某社サウンドクリエイター
サイトでは無料で使えるBGMや効果音を配布しています。
Website:Senses Circuit
Twitter:hitoshi_senses

最新記事
最新コメント
検索フォーム
おすすめ





フルーツメール
QR
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。